仮想通貨

マッカーサーは天皇の人格に打たれて、 車が出ていくときに敬礼をしたそうです。

昭和二十年八月三十日
マッカーサーがコーンパイプをくわえて
厚木飛行場に到着した。

九月二十七日、
マッカーサーは東京の駐日アメリカ大使館公邸で
天皇の訪問を受けます。

マッカーサーは、どうせ命乞いをするのだろうと
出迎えはしませんでした。

天皇は燕尾服を着てマッカーサーに対面して、
「マッカーサー元帥、お願いがあります」と言い、こう続けました。

「戦争に関するー切の責任はこの私にあります。
私の命においてすべてが行なわれました限り、
日本にはただー人の戦犯もおりません。

絞首刑はもちろんのこと、
いかなる極刑に処されても、いつでも応ずる覚悟はあります」と。

そしてさらに、
「しかしながら、罪なき八千万の国民が
住むに家なく、着るに衣なく、食ベるに食なき姿において、
まさに深憂に耐えんものがあります。

温かき閣下のご配慮をもちまして、
国民たちの衣食住の点のみにご高配をたまわりますように」と、
財産目録を差し出したのです。

マッカーサーはたいヘん驚き、
話をしているうちに、この人はポーズで話しているのではなく
本当に心からそう言っているのだということがわかった。

命も差し出す、財産目録もすべて差し出すと言っている。

目録を見てみると、本当に細かいものからすべて載っている。
ウソではなく、誠心誠意そう言っているのだとわかった。

マッカーサーは天皇の人格に打たれて、
天皇が帰るときに玄関まで見送り、
車が出ていくときに敬礼をしたそうです。

翌日、
マッカーサーは本国に連絡して食ベ物を大量に送れと指示し、
届いたものをどんどん配った。

それはたしかに、米国の好意には違いなく、
マッカーサーが要請した結果ではあったのですが、
根底にあったのは天皇のひと言でした。

結局、
マッカーサーは天皇を死刑にすることはやめました。

もし天皇が自分の命乞いをしていたなら、
マッカーサーは、やっぱりそうかと、
たぶん死刑を命じたであろうといわれています。

しかしわが身はどうでもいいという天皇の態度は本当に立派なものだった。
マッカーサーはそこに感銘した。

アメリカにはいないタイプの人物だったと心を打たれたのです。
そういう話が残っています。

私は天皇家を礼賛してこういう話をするのではありません。
人間の意識として、
自分の身体を治してくれ、
命を何とかしてくれというのとは
まったく違うところに意識を持っている人がいる。
それに驚いたのです。

実際、、私も庶民のー人と
して、友人知人のためなら
少しぐらいは肩代わりしてもいいと思うようになりました。

そう意識することで、
なぜか今までとは全然違うぐらい身体が回復しています。
メキメキと気力が回復していることがわかります。

なぜそうなるのか、
そのメカニズムもわからず
実証もしていないのに、
その不思議な動きに驚きながら感謝しているのです。
引用元
淡々と生きる

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所、
注文・取引サイト。

(「キングコング」怪獣から半狂乱で逃げるナオミワッツ。)
こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト


簡単に、そして安心してビットコイン取引をお試しすることができます。

(キングコングの登場で命を救われてコングに全幅の信頼を寄せるナオミワッツ。)

コメントを残す

*