森田敏宏さんのパーフェクトブレインは微妙?

Posted by in 森田敏宏 天才脳開発パーフェクトブレイン 東大医師監修

2018.2/7区民検診が2/28までなので
    近くの医院いったら水曜日は休みが多い。
    やってたところは予約が必要だったので、
    また別の日にします。

2018.2/6六本木、国立新美術館の近くで搬入、開梱作業。
    重かったし、ばらすのも骨が折れました。

2018.2/5東高円寺で工事現場でエッチラオッチラ荷運びやって
    ヘナヘナになりました。
    筋肉痛になるかと思ったけど平気でした。

2018.2/4の時点で面白かったドラマは
    「アンナチュラル」と「99,9」です。
    あとは観てないのでわかりません。

    あと、キムタクのボデイーガードのドラマがよかった。

    2018.1/22「鶴瓶の家族に乾杯」に要潤さんが出てて、
    飄々ぶりがとってもよかった。
    「要潤の家族に乾杯」でやってってほしいくらい。

2018.2/4公園に向かう道の真ん中に、
    まだカチンコチンの雪があります。

2018.2/3夕方から
    お台場のビッグサイトで「ギフトショー」の撤去作業やってきました。

2018.2/3西武新宿線が車両点検で、
    ホームで30分立ちん坊でした。
    でも仕事には間に合いました。

森田敏宏さんのパーフェクトブレインは微妙?

この間、面白いもの見つけちゃった。

天才脳開発パーフェクトブレイン っていう教材なんだけど
某掲示板や口コミサイトでも、けっこう評判になってたよ。

東大の医師が監修って
これは信用するしかない?
逆にそこが怪しいのかなぁ。

本音の感想・口コミを見てみる

森田先生は、人間の本来の能力を引き出す方法を
嫌というほど知り尽くしているのです。
そのための手段が、今回公開されたプログラムには
飽きれるくらい豊富に揃っています。
って口コミがすごい

本当なら試してみたいよね。

関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインは胡散臭いと2chで噂?
関連記事⇒天才脳開発パーフェクトブレイン 怪しい噂
関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインはネタバレしていると2chで暴露
関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインに クレーム?
関連記事⇒森田敏宏さんのパーフェクトブレインは微妙?

『羊たちの沈黙』(The Silence of the Lambs)

1991年公開のアメリカ映画。
監督はジョナサン・デミ。
原作はトマス・ハリスの同名小説。
主演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス。

第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。
アカデミー賞の主要5部門すべてを独占したのは
『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、
彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との
奇妙な交流を描く。

物語の主役である精神科医のレクター博士はアンソニー・ホプキンスが演じ、
アカデミー主演男優賞を受賞した。
続編である『ハンニバル』でもホプキンスがレクターを演じている。

もう一方の主役のFBI訓練生、
クラリス・スターリングを演じたジョディ・フォスターも
アカデミー主演女優賞を受賞している。

当初、トマス・ハリスから原作権を購入したのは、
ジーン・ハックマンであり、
彼自身が監督を希望していた。

しかし、脚本の内容が暴力的であることを理由に降板。
その権利も放棄し、
オライオン・ピクチャーが権利を買い取った。

レクター博士はスタジオ側がショーン・コネリーを希望したが、
コネリーはオファーを拒否、
第2候補だったホプキンスに役が回ってきた。

クラリス役はジョナサン・デミがミシェル・ファイファーを希望していたが、
本人がオファーを辞退、
当初から売り込んでいたジョディ・フォスターが役を得た。

本作はバッファロー・ビルの描写にあたって、
差別を助長しかねないとしてゲイ団体より激しい抗議を受けた。

監督のジョナサン・デミは次作で「フィラデルフィア」を製作し、
その声に謙虚に応えた。

本作に登場するバッファロー・ビルの被害者たちの写真は、
実在の女優らを使って撮影されたものである。

タイトルの「羊たち」が指すのは、
クラリスの幼少期に救えなかった子羊たちであり、
彼女のトラウマである。
彼女がFBI捜査官となり上院議員の娘を救うことによって、
トラウマを克服する(羊たちの悲鳴が止む)という物語である。

クラリスの上司、
ジャック・クロフォードのモデルは
ロバート・K・レスラーらと共に犯罪捜査における
プロファイリングの技術を確立した
FBI捜査官のジョン・ダグラスである。

クラリスとレクター博士が対面したのは4シーン、
レクター博士の登場時間は11分間に過ぎない。

アンソニー・ホプキンスによると、
レクター博士が発する声は作家のトルーマン・カポーティと、
女優キャサリン・ヘプバーンの
コンビネーションであるという。

本作はジョディ・フォスター自身の
お気に入りの作品である。

トマス・ハリスは原作の執筆に
6年もの歳月を費やした。
引用元
羊たちの沈黙

森田敏宏さんのパーフェクトブレインは微妙?

この間、面白いもの見つけちゃった。

天才脳開発パーフェクトブレイン っていう教材なんだけど
某掲示板や口コミサイトでも、けっこう評判になってたよ。

東大の医師が監修って
これは信用するしかない?
逆にそこが怪しいのかなぁ。

本音の感想・口コミを見てみる

森田先生は、人間の本来の能力を引き出す方法を
嫌というほど知り尽くしているのです。
そのための手段が、今回公開されたプログラムには
飽きれるくらい豊富に揃っています。
って口コミがすごい

本当なら試してみたいよね。

関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインは胡散臭いと2chで噂?

関連記事⇒天才脳開発パーフェクトブレイン 怪しい噂

関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインはネタバレしていると2chで暴露

関連記事⇒森田敏宏さんの天才脳開発パーフェクトブレインに クレーム?

関連記事⇒森田敏宏さんのパーフェクトブレインは微妙?

2018.1/31 夜中ドア開けて見上げたら、皆既月食見れた。
     なんか得した気分。
2018.2/2 降った雪はシャーベット状だったけど、
     運転は甘く見てはいけないそうです。
     そちらはどうでした?

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

慣れ親しむと楽しむことが出来る

苦しいこと、つらいことを逆に楽しめないか

それは、苦しいこと、つらいことに、
馴染んじゃうと、慣れ親しんじゃうと楽しくなる。

だから苦しいとき、つらいときは、
”もっと馴染んじゃえば、
もっと慣れ親しんじゃえば楽しめるんじゃないか?”と
自分に問いかけてみてください。

苦しい、つらい状況、状態にいる時は慣れ親しんで楽しめる状況、状態
に向かってるんだと考えてください。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト