ユマニチュード

ユマニチュード。赤ちゃんや恋人など自分が大切に思う人に対して 自然に行うコミュニケーションを認知症の人に対して使う

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

赤ちゃんやペットや恋人を

かわいいかわいいするみたいに接するのが

介護の接し方みたいね!

私たちが食事に招かれて
友人の家を訪れる時と同じです。

考えてみてください。私たちは普段、
誰かの部屋を訪れたときに

いきなりドアを開けて家に上がり、

すぐに食卓に直行して
ごはんを食べだしたりしませんよね。

呼び鈴をならし、

友人と挨拶をかわして、
会話を楽しみます。

これが

①出会いの準備であり、

②ケアの準備です。
↓ ↓ ↓

ユマニチュード。
赤ちゃんや恋人など自分が大切に思う人に対して
自然に行うコミュニケーションを認知症の人に対して使う

クリックで各見出しに飛びます。 右下のマルをクリックすると 戻って来ます。

           

           

この記事は
各見出しの中から
選んだのをクリックすると
その記事に飛びます。

右下のマルをクリックすると
戻って来ます。

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

高齢者、とりわけ認知症の人に
有効だとされるケアメソッド「ユマニチュード」

↓ ↓ ↓

あなたは本当に「見て」いますか。
〈見る・話す・触れる・立つ〉を具体的な技術に

↓ ↓ ↓

「生きているものは動く」。
体育教師としての思想と現場経験から生まれた

↓ ↓ ↓

「最期の日まで人間らしい存在であり続けることを支える」
という哲学と、
それに基づいたテクニックにある。

↓ ↓ ↓

「あなたは大切な存在です」。
優しさを伝える5つのステップ

↓ ↓ ↓

この5つのステップは、例えていえば、
私たちが食事に招かれて
友人の家を訪れる時と同じです。

↓ ↓ ↓

ケアを行う人が
どんなに優しい気持ちを持っていたとしても、
その気持ちを相手が理解できるかたちで表現しなければ、
相手に届きません。

↓ ↓ ↓

ケアを受ける人、ケアをする人。
双方を救う「正のスパイラル」

↓ ↓ ↓

フランスの長期療養施設では、
ユマニチュードを導入したことで、
年間の医療費が4000万円近く削減できた
という事例もあります。

↓ ↓ ↓

特別な時間を必要としないユマニチュードは
日常のケアのなかで実践できる

           

           

           

ユマニチュード。
赤ちゃんや恋人など自分が大切に思う人に対して
自然に行うコミュニケーションを認知症の人に対して使う

           

           

           

高齢者、とりわけ認知症の人に
有効だとされるケアメソッド「ユマニチュード」

「ケアをする人とは何か」
「人とは何か」を問う哲学と、

・言語
・非言語による

コミュニケーション技法に基づいた、

立位補助、食事介助、清拭、入浴、更衣などの
実践的な技術で構成されたフランス生まれのメソッドです。

すでに10カ国の医療・介護施設で導入されており、

その効果は、ときに劇的であることから
“奇跡”“魔法”と称されることも。

さまざまな困難に直面している
高齢者ケアに光を与えるだけでなく、

ケアする人のバーンアウトを防ぐなど、

ケアを受ける人、
行う人双方に

“明らかな変化”をもたらすとして
注目を集めています。

           

           

           

あなたは本当に「見て」いますか。
〈見る・話す・触れる・立つ〉を具体的な技術に

ユマニチュード / 認知症ケア 優しさを伝える技術

普段、何も反応がない、
何も理解しないとされる認知症の患者さんに、

ジネストさんは、
息づかいを感じられるほどの距離で相手に語りかけ、

視線を捉える。

そして、まるで実況中継をするように
絶えず話しかけながら、

清拭のケアを行う。

すると驚くことに、わずかな時間で
患者さんに反応と発語が見られたのである。

こうして実際の映像を目の当たりにすると、
確かに「魔法のようだ」と言いたくなる。

しかし、「ユマニチュードは決して魔法などではなく、

誰もが学べ、
実践できる

具体的な技術なのです」と本田先生は説明する。

〈見る〉〈話す〉〈触れる〉〈立つ〉を4つの柱とする
ユマニチュードのケア技術は150以上におよぶが、

どれも特別なものではなく、
日常ケアのなかで使える極めて実践的な技術だ。

「一見、当たり前のことに思えるかもしれません。

でも、『見る』ということが、
実際にはどれほど難しいか。

ただなんとなく患者さんの顔を見るのと、

患者さんの視野に入って
相手からも見てもらい、

アイコンタクトを得るのとは違いますし、

腕を取るにしても

『触れる』と
『つかむ』は違います。

私たちが行うケアの全ての動きには
相手に対する

・言語的
・非言語的なメッセージが含まれているのですが、

これらの行為を
・意識的に
・正しく実践している場面は、

実は少ないのではないでしょうか。

ユマニチュードは、これらを、
誰でもが再現できるよう体系化したものなのです」

「フランス語も分からない、
ケアについても素人である私が、

教わったポイントに従って
実際にケアをしてみると、

患者さんの体をとてもうまく拭くことができ、
その有効性を実感した」と本田先生

           

           

           

「生きているものは動く」。
体育教師としての思想と現場経験から生まれた

ユマニチュードは、ジネストさんらが、

ケアをするのが難しい患者さんを対象に

ケアを実践してきた、
36年間におよぶ生きた経験が土台になっている。

ジネストさんに聞いた。

「もともと私は体育学の教師で、
看護師でも介護職でもありません。

つまり、バックグラウンドがまったく違っていて、

『生きているものは動く。
動くものは生きる』という思想があります。

ですから、この世界に入ったとき、
大変なカルチャーショックを受けたのです。

例えば、ベッド上で行われている
清拭や、

ケアを目的とした拘束などといった
“不動”は、

人の健康を退化させるのに、と」

           

           

           

「最期の日まで
人間らしい存在であり続けることを支える」
という哲学と、
それに基づいたテクニックにある。

ユマニチュードの特徴は、
「最期の日まで人間らしい存在であり続けることを支える」という哲学と、

それに基づいたテクニックにある。

「新たなメソッドを確立できたのは、
既成概念のないまっさらな状態で発想してきたから。

そして、先立つ理論があったわけではなく、

多くの失敗を経た

現場の経験から生まれたメソッドだからこそ
実践的なのです」とジネストさんは語る。

それでも当初は、日本でユマニチュードが機能するかどうか、
疑問だったという。

コミュニケーション手段ひとつとっても、
ヨーロッパと日本では文化も習慣も大きく違うからだ。

しかし、「日本にやって来て実際にケアをしてみると、

自分の手を握ってくれる人、
キスを返してくれる人は大変多く、

日本でもユマニチュードは有効だと思えました。

そして、ケアに取り組む日本の看護師や介護士たちの
懸命な姿が感動的だったこと。

そこにあるポテンシャルは大きいと感じたのです」

「人は誰でも触れ合ったりすることが好きなのです」とジネストさん。

赤ちゃんや恋人など

自分が大切に思う人に対しては
自然に行うこうしたコミュニケーションを

高齢者に対しては
なかなか使えないだけなのだと言う

           

           

           

「あなたは大切な存在です」。
優しさを伝える5つのステップ

ユマニチュードでは、前述した〈見る〉〈話す〉〈触れる〉〈立つ〉といった
要素をバラバラに実践するのではなく、

“話しかけながら相手に触れる”といったように、
常に2つ以上の要素を組み合わせて行い、

さらにケアの全てを

「心をつかむ5つのステップ」という
一連のシークエンス(一続きのもの)のもとに行っていく。

本田先生が詳しく説明してくれた。

「5つのステップは、
①出会いの準備、
②ケアの準備、
③知覚の連結、
④感情の固定、
⑤再会の約束、から構成されます。

5つの段階のなかで、

清拭などのいわゆるケアを実施するのは
3番目のステップで、

その前には、自分の存在を知らせる〈出会いの準備〉をし、

ケアの後には、
『きれいになって気持ちよかったですね』と語りかけるなど

ポジティブな感情を伝え、
次回へとつなげる締めくくりをするのです。

           

           

           

この5つのステップは、例えていえば、
私たちが食事に招かれて
友人の家を訪れる時と同じです。

考えてみてください。私たちは普段、
誰かの部屋を訪れたときに

いきなりドアを開けて家に上がり、

すぐに食卓に直行して
ごはんを食べだしたりしませんよね。

呼び鈴をならし、

友人と挨拶をかわして、
会話を楽しみます。

これが
①出会いの準備であり、
②ケアの準備です。

その後、食卓に案内されて食事が始まります。

ユマニチュードの5つのステップでは、
これが③知覚の連結と呼ばれる部分にあたります。

食事が終わったら、
『今日は楽しかったですね』と振り返り、

『また会いましょう』と別れを惜しむ。

④感情の固定と、
⑤再会の約束がこれにあたります。

では、ケアの場面においてはどうでしょうか。

私たちは、ドアをノックすることはあっても、
相手の反応を待たずに布団をはがし、

入室した数秒後には
おむつに手をかけてしまっていることはないでしょうか。

これでは、コミュニケーションにおける重要な手順である
①②をとばして、

いきなり
③のケア行為に入ってしまっています。

友人宅への訪問ではなく、

職務行為なのだから当たり前だ、
と思われるかもしれません。

私も初めてこの5つのステップの話を聞いたときには、
その意味が分かりませんでした。

しかし、実際にこのステップを踏んだコミュニケーションを行うと、

明らかに相手の反応が変わるという
経験を重ねるについて、考えが変わりました。

           

           

           

ケアを行う人が
どんなに優しい気持ちを持っていたとしても、
その気持ちを相手が理解できるかたちで表現しなければ、
相手に届きません。

この5つのステップと
〈見る〉〈話す〉など4つの柱は、

相手に『あなたは大切な存在である』ということを
伝え続けるための技術であり、

たとえ認知機能が低下した人であっても、
安心してケアを受け入れてくれるようになります」

なかには、「これまでもやってきた」
「当たり前のこと」という向きもあるかもしれない。

しかし感覚ではなく、ユマニチュードという
明文化された技術を実践する看護師、介護士たちは、

ケアの負荷軽減、
ケアに対する拒否や

認知症の行動心理症状(BPSD)が低減することを、
確かに実感しているという。

言葉にすることで
安心感やポジティブな気持ちを伝えることがポイント。

また、“アイコンタクトが成立したら
2秒以内に話しかける”

“話しかけながら相手に触れる”など、
その技術はとても具体的だ

           

           

           

ケアを受ける人、ケアをする人。
双方を救う「正のスパイラル」

日本では現在、東京医療センターと
福島県の郡山市医療介護病院が

病院全体としてユマニチュードを取り入れている。

導入前と導入後では、
ケアの負荷が減っただけでなく、

看護師たちの記録の付け方が変わったという。

「以前は、“変化なし”のひと言だったものが、

“呼びかけにまぶたが動く”など
細かな違いに目がいくようになり、

患者さんからのメッセージを

より鋭敏に受け取ることができるようになったことなどが、
今年の認知症ケア学会で報告されています。

           

           

           

フランスの長期療養施設では、
ユマニチュードを導入したことで、
年間の医療費が4000万円近く削減できた
という事例もあります。

内訳としては、

認知症の人への向精神薬使用が4割減、
施設から急性期病院への搬送が6割減です。

薬に頼らなくても
『その人を穏やかにできている』ということによって、

ケアの質向上や
医療・介護の費用削減につながっているわけです。

日本では、まだ実践し始めて3年なので、
今は成果検証している段階ですが、

今後はエビデンスも積み重ねられていくでしょう」(本田先生)

さらに、ケアをする人にも
よい変化が生まれると、本田先生は言う。

「一番大きいのはバーンアウトの問題です。

患者さんにケアを拒否されたり、叫ばれたりしても、
それは技術が十分ではなかったのであって、

決してケアをする人の
人間性を否定されたのではないのです。

ユマニチュードはその視点を持てるので、
『救われた』というスタッフは多い。

そして、コミュニケーションが
不可能だと思っていた患者さんに対して

ケアがスムーズにいくようになると、
何よりうれしいですよね。

仕事の満足感につながります。

実際に、日本の長期療養型の病院では、

ユマニチュードを学んだ看護師・介護士のバーンアウトが、
そうでない看護師と比べて減少したことが報告されました。

また、パリ郊外の施設の認知症フロアでは、

ユマニチュード導入前の4年間で
職員全員が入れ替わっていたのに対して、

ユマニチュード導入後の3年間では
離職者がゼロとなったことが報告されています」

他方で、郡山市医療介護病院と
静岡大学、東京医療センターとの共同で

「ユマニチュードの評価」研究も行われ、
技術の“見える化”も進んでいる。

例えば〈見る〉技術について、
ある職員の研修前後を比較したところ、

アイコンタクトの時間が
23.8倍に増加したというデータがある。

ジネストさんによると、「映像ベースの評価システムで、
ユマニチュードの効果を示した初めての例」で、

こういった技術の分析がされていけば、

ユマニチュードの技法を
より確実に伝えていくことができるだろう。

           

           

           

特別な時間を必要としないユマニチュードは
日常のケアのなかで実践できる

ユマニチュードを導入する際の
ポイントはあるだろうか、本田先生に聞いた。

「まずはじめに、『ユマニチュードは他のケアと何が違うのか?』
という質問をよくいただくのですが、

ユマニチュードは現在やっていらっしゃるケアを
否定するものではありませんし、

現在のケアと組み合わせて
取り入れることができるものです。

というのも、ユマニチュードは特別な時間を取らずに、
日常のケアのプロセスのなかで実践できるものだからです。

また、導入をする場合には、
組織的に取り組むことがポイントです。

たとえば、患者さんとの会話は前述の
『心をつかむ5つのステップ』において、

ケアの大切な要素となっているのですが、

ユマニチュードを知らない人から見ると、

『のんびりおしゃべりばかりしてさぼっている』
と誤解されてしまうこともある。

一人だけでやろうとすると、
孤立してしまう危険性があります。

施設であれば、ひとつの最小単位で
モデルフロアを作る方法が有効です。

アメリカで実施しているのは、
スタッフ20名あたりに1人の割合で、

施設内にユマニチュードの
リーダーを育成しています。

日本でも2015年から東京医療センターで
リーダー育成研修プログラムを始め、

全国から研修生を受け入れています」

高齢化が進み、

これから爆発的な増加が見込まれる
認知症患者に対するケアが模索されるなか、

ユマニチュードが持つ有効性と
可能性に対する期待は大きい。

最後に、ジネストさんはこんな言葉をくれた。

「看護・介護は、他者との関わりを持つ、
世界で最も素晴らしく美しい仕事です。

その仕事にユマニチュードが役に立てば、
こんなにうれしいことはありません」
引用元⇒誰もが学べ、実践できるユマニチュード。 5つのステップで患者の心に近づく

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

あなたが見逃してる相談ダイヤル。
ひとりで悩まないで!役立つ相談・支援機関
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/01/11/soudan/

           

あなたが見逃してる。認知症になってしまった際の
経済的な援助の調査データ
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/01/19/nintisyou/

           

あなたが見逃している。物忘れ&認知症を予防!“記憶物質”大発見
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/01/06/ninti/

           

あなたが見逃してる。認知症の
予防や進行抑制「ツバメモリ15000」
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/ppc/archives/1592/

           

           

           

以上
ユマニチュード。
赤ちゃんや恋人など自分が大切に思う人に対して
自然に行うコミュニケーションを認知症の人に対して使う
でした。

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/02/11/kyuusai/

           

           

           

メルマガです。
↓ ↓ ↓

https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

           

LINEです。
↓ ↓ ↓
友だち追加

           

インスタです。
↓ ↓ ↓
Instagram

           

行列が出来る人気店から招待されます。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZGTLI+39VVBU+3YSK+614CX

           

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方

           

           

体と心は使い方がある。

というか
本来こう使ってなきゃいけない。

こういう
体と心の使い方をしていれば

苦しいんじゃないか
辛いんじゃないかってことが

のほほんとやり過ごせる。

           

           

体の使い方 IAP呼吸法

           

           

「肺の下の筋肉」を動かす

「IAP」とはIntra Abdominal Pressureの略で、
日本語に訳すと「腹腔(ふくこう)内圧(腹圧)」。

人間のおなかのなかには「腹腔」と呼ばれる、
胃や肝臓などの内臓を収める空間があり、この腹腔内の圧力が「IAP」。

「IAPが高い(上昇する)」という場合は、
肺に空気がたくさん入って腹腔の上にある横隔膜が下がり、

それに押される形で腹腔が圧縮され、
腹腔内の圧力が高まって
外向きに力がかかっている状態を指します。

           

           

IAP呼吸法とは

息を吸うときも吐くときも、
お腹の中の圧力を高めてお腹周りを固くする呼吸法で、
お腹周りを固くしたまま息を吐ききるのが特徴です。

腹圧呼吸ではおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して(=高IAPを維持)、
おなかまわりを「固く」するということです。

腹腔の圧力が高まることで体の軸、
すなわち体幹と脊柱という「体の中心」が支えられて安定し、
無理のない姿勢を保つことができるわけです。

そうして体の中心を正しい状態でキープすることで、
中枢神経の指令の通りがよくなって

体の各部と脳神経がうまく連携。
そのため、余分な負荷が減るという理論です。

・腹圧が高まることで、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定する

・体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる

・正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる

・中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」(体の各パーツが本来あるべきところにきちんとある状態)になる

・体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる

・無理な動きがなくなると、体のパフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる

           

           

まずは横隔膜に目を向けること

横隔膜は呼吸に関する筋肉で、
肋骨に囲まれているもの。
この横隔膜こそが「IAP呼吸法」のポイント

「横隔膜の可動力」がきわめて重要
胸だけの浅い呼吸をしていると、
肺の下にある横隔膜をあまり動かせないため、
本来上がったり下がったりする横隔膜の動きが悪くなります。

するとおなかに圧力はかかりにくくなり、
体は縮こまり、姿勢が悪くなり、

中枢神経の信号も体の各部に届きにくくなるため、
より疲れやすい体になるわけです。

逆に横隔膜をしっかり下げて息を吸えば、
腹腔が上からプレスされ、
外側に圧力がかかることに。

横隔膜を下げながら息を目一杯吸い、
お腹をパンパンに膨らませたまま息を吐くのが、
自然に腹圧がかかった「腹圧呼吸」。

横隔膜を下げて腹腔内に圧力が生じた結果、
おなかは外側へ膨らみ、
体幹まわりの筋肉が360度ぐるりと伸びることになります。

これが、おなかが大きく固くなる仕組み。

また、「おなかの内側から圧力」がかかると、
それを押し返そうとして
「おなかの外側からの筋力」も働くことになります。

このダブルの力で、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定し、
姿勢が整うということ。

これが、IAPを高めることによる
「体の中心・基礎固め」効果だといいます。

横隔膜を下げたまま息を吐くには、
「お腹は膨らませたまま」
「肩を上げない」
のがコツ

「腹圧を高めておなかを膨らませたまま、息を吐く」
感覚をつかむためにも、
最初は指先を足のつけ根に差し込んで練習するのがいいです。

そして慣れてきたら、今度は手を使わずに行い、

立ってできるようになったら普段の生活でも「IAP呼吸法」を実践し、

できるだけ腹圧を高めて呼吸するようにシフトしていけばOK。
引用元⇒疲労予防・回復のためにスタンフォード大学で用いられる「IAP呼吸法」とは?

           

           

           

心の使い方

           

           

           

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。
↓ ↓ ↓

人類を救済するのは、物質では、環境を変えることでは、無理。

           

           

この記事は
各見出しの中から
選んだのをクリックすると
その記事に飛びます。

右下のマルをクリックすると
戻って来ます。

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

人類を救いたい。

↓ ↓ ↓

実験中の心の使い方

           

           

           

人類を救済するのは、物質では、環境を変えることでは、無理。

           

           

           

人類を救いたい。

地球温暖化で災害が多くなってる。

人間同士で争うことは後を絶たない。

資源には限りがある。

別れは必ず訪れる。

みんな死ぬ。

気をつけてても

事故に巻き込まれる。

災害に巻き込まれる。

感染してしまう。

お金を持っても持たせても

避けられない。

先延ばしや一時しのぎ出来るかもしれないし

あっさりくたばっちゃうかもしれない。

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方
のまとめ

           

腹圧呼吸でおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して
おなかまわりを「固く」する

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

いじめや嫌がらせから抜け出す方法は、
必ずあります。

電話やメールで相談したり、
いま起きていることをメモに記録したり、

他の人たちの経験を参考にしたり、

イザとなったら弁護士や警察に相談することだってできます。

このサイトにはいろいろな方法がのっています。
↓ ↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/08/12/izime/

           

           

           

           

ハプニングやスクープを投稿したらお金になった。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLP1D+9ZLUXM+3X86+5YJRM

           

           

           

            

お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S28502260/

メールが確認できれば48時間以内に返信いたします。
このやり取りをQ&Aコーナーで使わせてもらいますが
よろしいでしょうか?

毎回の仕事の内容を
インスタ記事にしてます。

◆インスタグラム記事◆

2019.2/14
台東区東上野のマンションで
養生、廃材搬出、積み込み作業。
解体中だからあとからあとから廃材が出る。昼休みで打ち切りました。

2019.2/12
渋谷区宇田川町の工事現場で
ゴミ出し、清掃作業。

2019.2/6
文京区本駒込で
家具、建具搬入作業。
トラックから階段で二階、三階に運びました。へろへろになりました。

2019.2/5
練馬区高野台のビルで
アンテナ、ケ-ブル搬出作業。
屋上から長いのを階段で下ろして、
あとは台車でエレベーターで下ろしました。

2019.1/25
月島の工事現場で
家具、建具搬入作業。
トラックから四人がかりで上当たらないように屈みながら運ぶのがきつかった。

2019.1/24
杉並区上荻で
システムキッチン部材搬入作業。
トラック三台分を三階から五階まで階段で上げました。へろへろです。

2019.1/23
世田谷区経堂の店で
厨房機器撤去作業。
トラック三台に満載になりました。

2019.1/22
足立区六町の工事現場で
キッチン部材搬入、開梱作業。
トラックからロングスパンの回りに下ろして積み込む人間と上の階でストップ言って下ろす人間に別れてやりました。各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/18
京王線の仙川の工事現場で
キッチン、部材搬入、開梱作業。
トラックからエレベーターの回りに下ろしてエレベーターで上げて各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/17
墨田区文化の工事現場で
キッチン、洗面台搬入、開梱作業。
トラックからエレベーター前に運んでエレベーターで上げて各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/16
葛飾区東四ツ木のマンションで
キッチン部材搬入作業。
トラックから台車で運んでエレベーターで上げて部屋に下ろしての繰り返し。

2019.1/15
新井薬師の近くのマンションで養生、廃材搬出、積み込み作業。
部屋やベランダの廃材を全部廊下に出して、トラックに運んで積み込みました。

2019.1/7
渋谷区道玄坂のビルで厨房機器搬出作業。
階段下ろしてトラック2台にどんどん積み込みました。

2018.12/28
台東区松が谷で
家具搬入作業。
トラック2台分の家具を4階まで
二人がかり4人がかりで繰り返し上げました。へろへろになりました。

2018.12/27
大井競馬場近くのビルで
厨房機器搬出作業。トラック着けて台車でスイスイ運びました。

2018.12/25
杉並区宮前の高校に
PC機器搬入、開梱作業。
トラックから台車で教室へ運んで開梱してダンボ-ルをトラックに戻しました。

2018.12/22
大久保の日本赤十字社で
資材搬入作業。
トラックから薄い鉄板を一杯台車で運んで、壁紙をはがして鉄板を壁に貼るのを見てました。

2018.12/21
大森駅近くのビルで
厨房機器搬出作業。
台車で業務用エレベーターで繰り返し運んでトラック2台に積み込みました。

2018.12/20
八丁堀のビルで家具搬入作業。
トラックから一階の空いてる所にどんどん下ろして
エレベーターで各部屋に運んで設置しました。

2018.12/19
自由が丘駅の近くのビルで
厨房機器入れ替え作業。
カウンタ-に毛布かけて機器を横にして乗り越えて階段上げて
新しいを下ろして設置しました。

2018.12/18
曳舟駅の近くの工事現場で
システムキッチン部材、食器棚搬入、天板設置作業。
長いのやでかいのを階段ギリギリかわして上げました。

2018.12/15
浅草橋駅の近くで
家具、建具搬入作業。
トラックから下ろして4階までいろんな家具を階段で上げました。

2018.12/14
高円寺駅ガ-ド下で
厨房機器、什器搬入搬出作業。
ちょっとだけ階段があってあとは台車で運んでを繰り返してトラックに積み込みました。

2018.12/13
京急蒲田駅の近くのビルで
ケ-ス、ダンボ-ルの搬入作業。
トラックをバックでビル前に付けて
エレベーター前に手運びしてエレベーターに積み込んで上の倉庫に下ろしました。

2018.12/11
吉祥寺。井の頭公園の近くのビルで
厨房機器搬出作業。
地下から上げるのに上でもって後ろ向きで上がっていくのがきつかった。

2018.12/10
阿佐ヶ谷駅前のビルで
精密機器搬入作業。
養生して台車で最上階に上げて階段で屋上に上げました。

2018.12/7
後楽園の近くのス-パ-に冷蔵ケ-ス搬入作業。
レッカーで吊ってトラックから下ろして横にして台車に乗せて
業務用エレベーターで上げて設置しました。

2018.12/6
大田区大森で駐輪ラックの搬入、組み立て作業。
トラックから駐輪場を作る場所へ運ぶんだけど重たいのばっかりで
一杯あって疲れました。

2018.12/5
葛飾区東四ツ木で
キッチン部材搬入作業。
L字型のでかいのがギリギリエレベーター入ったのであとは楽勝で搬入できました。

2018.12/4
大田区大森町で冷蔵庫搬入、手元作業。
トラックの後ろのリフトで下ろして台車で運んで設置して、
養生はがしてゴミをトラックに積みました。

2018.12/3
上野の国立科学博物館で
ホワイトボ-ド搬入、組み立て補助作業。
業務用エレベーターで地下に運んで職人に手を貸す。見てる時間が長かった。

2018.8/31

2018.8/30

2018.8/28

2018.8/27

2018.8/26

2018.8/25

2018.8/22

2018.8/20

2018.8/19

2018.7/27

2018.7/26

2018.7/24

2018.7/22

2018.7/21

2018.7/21
大道芸 を
フジテレビと自由の女神のそばでやってました。

しゃべりも面白いし
バックで流れてくる音楽もいいタイミングだし
技もすばらしい。

風船で何か作るのから始まって、
高い一輪車に乗ったままピンを三本ホイホイやったり、
紙袋に入ったビンが一瞬で麦茶が入ったワイングラスになったり、
剣三本とリンゴをホイホイ投げながら
リンゴをがぶりを繰り返しやってました。

けっこう多くの人がお金渡してあげてました。

2018.7/20

2018.7/19

2018.7/18

2018.7/17
羽田空港第1ターミナル の三階で
厨房機器入れ替え作業。

荷物用エレベーターから厨房まで養生シ-トを敷いて、
古いのを外して狭いところを持ち上げて
入れ替え作業しました。

2018.7/15
 

 

2018.7/13

2018.7/12

2018.7/11

2018.7/9

2018.7/7

2018.7/6

2018.7/2

2018.7/1
東宝スタジオの3スタジオで
什器運搬作業。

きのうビニールシ-トでくるんでおいた
発泡スチロールの砂浜と発泡スチロールのでかい岩を
大型トラックに積み込み。

でも前の現場の作業が終わらなくて
トラックなかなか来ませんでした。

2018.6/28戸越銀座 の保育園の新築工事現場で
建具搬入作業。

トラック三台分二階と三階にリレ-で上げたり、
二人で上げたりしました。
各部屋に運んで設置しました。

引用元⇒インスタグラム

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

アンテナサイト

アンテナサイト

アンテナサイト

youtube
竜馬と空海にはつながりがあった。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト




メルマガです。
↓ ↓ ↓

https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

LINEです。
↓ ↓ ↓
友だち追加

インスタです。
↓ ↓ ↓
Instagram

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

コメントを残す

*