フードシェアリング

せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、 その食事をレスキューすることができます。 #食品ロス

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

もったいないと思ってたんですよ。

フードシェアリング万歳!

年間約642万トンに及ぶ日本の食品ロス。

その量は、国連が食糧難に苦しむ国々に援助している総量の約2倍に相当します。

・そんな中、”食品ロスを減らしたい飲食店”と

・”安く購入したい利用者”をマッチングする

・フードシェアリングというサービスがあります。

・スマートフォンアプリで周辺のレストランやカフェ、小売店などで

・余剰食品を提供している店舗を検索し、

・費用は月額使用料のみで受け取ることが出来るんです。

・それ以上支払うことはありません。
↓ ↓ ↓

せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、
その食事をレスキューすることができます。 #食品ロス

           

           

           

           

           

           

           

           

食べきることを応援する「フードロス削減」のための社会派 Web サービス

株式会社コークッキングが制作している TABETE (タベテ) は、飲食店や惣菜店等で発生してしまう余剰の食事を

・売りきる

・食べきることを応援する「フードロス削減」のための社会派 Web サービスです。

・TABETE では店舗による情報の掲載、

・ユーザーによる食事のWeb 決済購入などが簡単に行なえます。

・購入後には、ユーザーは指定された時間内に店舗まで食事を受け取りに行きます。

・TABETE は、飲食店や惣菜店等で発生してしまう余剰をユーザーとマッチングし、

・最後まで売りきる・食べきることを応援するプラットフォームとしての社会派 Web サービスです。

・予想外のできごとや急な予約のキャンセルなどによって発生してしまい、完全な対策が難しい飲食店での食料廃棄。

・本サービスでは、せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、その食事をレスキューすることができます。

・「フードシェアリング」と呼ばれるこのしくみは、欧州などでは広く浸透しています。

           

           

           

▼ TABETEのしくみ

1、店舗側は、閉店間際や商品の入れ替え時間などに発生しがちな、まだおいしく安全に食べられるがオペレーション上廃棄せざるを得ない食事の情報を、任意の価格と引取期限を設けて簡単に掲載できます。

2、ユーザー側は自分の近くのお店からの SOS情報 を発見し、食事を Web 決済で簡単に購入することができます。

3、その後、引き取り期限までに店舗に行けば、食事を受け取ることができます。
引用元⇒「フードロス」削減をねらう国内初の「フードシェアリング」サービス TABETE (タベテ) 、9月4日(月)にクローズドβテスト開始。テストユーザーも募集中。

           

           

           

・食料廃棄削減連合(FWRA)によると、米国の飲食店が排出した食料廃棄物のうち、寄付もしくはリサイクルされている割合はおよそ15.7%。

・飲食店が余剰食料をチャリティなどに寄付する“フードバンク”の仕組みは、米国でも確立されつつあるが、食料の回収や運搬のための人員確保やコストが障壁となり、その取り組みは、まだ限定的なのが現状だ。

・一方で、米ニューヨークの「PareUp」や、2016年7月に米国へ進出した「BuffetGO」など、一般消費者に余剰食料を値引き販売するためのサービスも、欧米の大都市を中心に広がっている。

大学のまちで生まれた売れ残りメニューの販売情報サイト

・Food for Allのコンセプト米ボストンで、売れ残った料理を割安価格で販売したい地元の飲食店と一般消費者をつなぐスマホアプリ「Food for All(フード・フォー・オール)」の開発がすすめられている。

・このアプリでは、現在地周辺で売れ残りメニューを販売している飲食店を検索したり、オンラインで発注することが可能。

・とりわけ、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)といった名門校が集まるボストンでは、多くの学生から人気を集めそうだ。
・キックスターターで資金調達を実施中

・キックスターターを通じて、5万ドル(525万円)を目標に、アプリ開発やビジネスモデルの検証などに必要な費用を募っている。
引用元⇒レストランの売れ残りメニューを割安で販売するアプリ「Food for All」がボストンで誕生

           

           

           

Reduce GO よくあるご質問

Q 食品廃棄はほとんど出ませんが活用できますか?

A はい。ご活用いただけます。

・食材の切れ端を使用した通常メニューにはない料理を出品したり、突然の予約キャンセルで残ってしまう食材をご活用いただくなど、様々な活用方法がございます。

・1日に1食でも、3日に1食でも構いません。

・必要な時にご活用ください。

Q 普段の業務で時間があまりとれませんが利用できますか?

A アイドルタイムや閉店前の、時間に余裕のある時にご利用いただけます。

・アプリはとてもシンプルにできており、直感だけで操作が可能です。

・食品の値付けも必要ありません。

Q ブランドイメージの低下が心配です。

A 余してしまいそうな食品をご提供いただくことで食品ロスを減らしていくことが、本サービスの趣旨となっております。

・社会貢献活動により社会的責任が評価され、ブランド価値の向上に繋がるものと考えております。

Q 既存の売上が減少しないかが心配です。

A 本サービスの以下の特長により、そのような事象は発生しづらいものと考えております。

・余剰食品は「見切り品」のため、元々売上に見込まれない

・受け取りの時間帯が限られている

・受け取りの時間帯が通常営業のピークタイムとは異なる

・食品の受け取りに、1人1日に2個までの制限を設けている

Q 食品衛生の問題はどのように考えればよいですか?

A 安全に食べられる食品(消費期限内の食品や、通常販売されている食品と同等の品質の食品)を見切り品としての扱いでご提供ください。

・テイクアウトの場合は当日中に召し上がるようご説明いただくか、日持ちする場合は安全な保管方法や消費期限を正しく説明してください。

・テイクアウトの了承が困難な場合は、店内でご飲食いただくよう勧めてください。

Q どのような食品を出品できますか?

A 通常メニューとして販売されているお料理はもちろん、

・通常メニューにはない即席料理やまかない料理、

・スープやソース、

・食材や飲み物なども出品ができます。

・消費期限切れ食品や食品衛生法で規制されている食品、牛乳やアルコール類は出品できません。

・また、営業許可(◯◯製造業や◯◯販売業)の下りていない食品も取扱いできません。
引用元⇒Reduce GOは余剰食品を削減するプラットフォームです

           

           

           

話題のサブスクリプションサービスを紹介

■FOOD PASSPORT(フードパスポート)

・近年、問題となっている「食品ロス」削減につながるのではと注目されているサービスの一つ。

・つい仕入れ過ぎてしまったり、余らせてしまったりした過剰食材をおまかせメニューで提供することができる。

・消費者は1日1食、利用することができるが、利用には1回ごとにワンドリンクオーダーが義務付けられている。

・2018年10月にリリースされたばかりだが、関西圏を中心に200店舗以上が加盟している。

・利用者月額利用料……2,980円

・飲食店月額利用料……無料

・飲食店収益……FOOD PASSPORTが得た売上(月額料金)の30%を加盟飲食店に分配(分配額は来店人数に応じて変動)

公式サイト……⇒http://food-passport.jp/

           

           

           

■Reduce GO(リデュースゴー)

・「FOOD PASSPORT」同様、飲食店で余ってしまった食品を提供するサービス。

・消費者は1日2回まで利用できる。

・こちらの対象エリアは東京都が中心で、およそ135店舗が加盟。

・また、イートインではなくテイクアウト専門のため、ベーカリーなどが加盟することも可能だ。

・利用者月額利用料……1,980円

・飲食店月額利用料……無料

・飲食店収益……提供日数に応じて算出(Reduce GOが得た売上(月額料金)×59%÷全店舗の当月の総受渡し日数×自店舗の当月の受渡し日数)

公式サイト……⇒https://reducego.jp/

           

           

           

■GUBIT(グビット)

・2018年7月からスタートしたサービスで、消費者は月額980円で1日1杯、加盟店のアルコールドリンクが楽しめる。

・飲食店の利用頻度が高く、お酒を飲む習慣がある人に効率的にアプローチできる。

・現在は首都圏のみのサービスだが、今後は関西や名古屋、福岡エリアにも拡大予定だ。

・利用者月額利用料……980円

・飲食店月額利用料……無料

・飲食店収益……提供ドリンク数に応じたインセンティブがあり

公式サイト……⇒https://gubit.co.jp/

           

           

           

■Foobe(フービー)

・「GUBIT」同様、月額980円で1日1杯のアルコールドリンクが飲めるサービスだが、異なるのは「バー」に特化している点。

・「バーには入りづらい」と感じる若い世代のバーに対する敷居を下げることで、新規客の獲得につなげていくことができる。

・現在は東京都を中心に展開中。

・利用者月額利用料……980円

・飲食店月額利用料……無料

公式サイト……⇒https://www.foobe.jp/

           

           

           

■POTLUCK(ポットラック)

・消費者は利用額に応じて、月に数回、加盟店のランチをテイクアウトできるサービス。

・ランチは事前予約制で、当日午前10時にはすべての予約が確定する。

・ネット決済のため、店頭では商品を受け渡すだけ。

・ランチの忙しい時間でも支払いなどのやり取りがないのはありがたい。

・予約が確定した時点で料金の支払いが済んでいるので、もし商品を取りに来なかった場合でも料金の支払いは行われる。

・渋谷、恵比寿、代官山、表参道エリアからサービスをスタートし、今後も拡大予定。

・利用者月額利用料……6チケットプラン4080円~

・飲食店月額利用料……無料

・飲食店収益…販売数に応じた売上金額(掲載メニュー単価×販売数-手数料)

公式サイト……⇒https://www.pot-luck.jp/

           

           

           

今後、ますます発展していくことが予想されるサブスクリプションサービス。

・自店舗でサービスを検討するのもいいが、

・上で紹介したような他社サービスを用いるのも一つの手だ。

・うまく導入できれば、新規客の獲得やさらなる収入源を得ることにもつながる。

・サービスを比較し、自店舗の売上をサポートしてくれるものがあれば、導入を検討してみてはいかがだろうか。
引用元⇒外食業界は「定額制」が話題。飲食店の“参加型”サブスクリプションサービスを比較!

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

定額サービス。登録も利用も可能です。
娯楽から生活、支援も、 飲み放題、見放題、乗り放題も
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2018/12/09/teigaku/

           

プラスチックの削減。マイクロプラスチックとは?
世界のプラスチック問題への解決策の調査
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/02/13/prstik/

           

世界各地のごみ、リサイクル、環境教育などの
エコ事情や取り組み方の調査、分析
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/10/29/gomi/

           

食品ロスを減らすしくみ。ドギーバッグ、
食品廃棄禁止法、フードシェアサービス
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/09/27/syokurosu/

           

保存ビジネス。食品の廃棄問題、食品ロス解決の問題を調査しました
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/02/10/hozon/

           

あなたが見逃してる。飲食店、飲んだり食べたりの調査データ
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/01/15/insyoku/

           

あなたが見逃してる。人気店や企業から
非公開の招待状がもらえる「レポハピ」
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/ppc/archives/1588/#kiz

           

monokaではポイントを経由することなく、
直接現金でキャッシュバックされるのがとてもお得です。
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/ppc/archives/1655/

           

           

無分別を考えるとそれを楽しむことが出来る。

憎しみは力を与えてくれます。

自分が実は

気づかずに持ってる差別に気づき

その差別を憎むことで

その差別から自分を自由にすることが出来ます。

           

これは嫌だ。抵抗あるってのは

何か差別してるんだと考えます。

出来ればその差別自体を見極めて

その差別を嫌う。

その差別を憎んでください。

憎しみは力になってくれます。

           

このまま平穏無事はいいけど

破滅や失うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

自分をいやしめて

いくじのない卑屈な人間を演じるのが悔しいのは

かっこいいのはいいけど

みっともない、ぶざま、かっこ悪いのは嫌だっていう差別です。

そんなことにこだわってる自分を嫌ってください。

そんなことにこだわる自分を憎んでください。

           

普通や尊敬されるのはいいけど

異常者扱いや軽蔑されるのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

仲良くしてるのはいいけど

争うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

脱力はいいけど

力使うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

こう考えると身体使うことに積極的になります。

           

賞賛されるのはいいけど

批判や失望されるのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

こう考えるとリングに上がるのやステージに立つのが楽しくなります。

           

上手くいかないのと

上手くいくのを

こっちがいい

あっちは嫌だっていうのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

飢えと寒さで公園のベンチで死ぬのと

家族や仲間に看取られて

みんなの気持ちを感じながら死ぬのと

あっちは嫌だ

こっちがいいっていうのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/08/31/mubunbetu-2/


           

           

丹田とは腹横筋と肛門の筋肉です。

・腰痛対策は

動作の直前に腹横筋というインナーマッスルを動かすこと。

それは「お尻の穴をすぼめる」です。

・骨盤底筋群のトレーニング。

女性は膣を、男性は性器と肛門の間あたりを持ち上げるイメージです。

おしっこを我慢するとき、

おしっこを途中で止めるときの力の入れ方をします。

・誤嚥性肺炎予防

1日5回、10秒間「思いっきり」口を開ける。

           

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

グレタ・トゥンベリさんも世界中の首脳も国連も知って欲しい
地球温暖化対策。ユーグレナ (企業)がやってることを
世界規模でやればいい。 #地球温暖化
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/24/tikyuondanka/

           

引きこもり、孤独老人、ニートの社会復帰や人と繋がっていく手順。 #無分別
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/10/10/mubunbetu/

           

お金持ちになる方法と
いじめに立ち向かう方法と
生き方、見方、頭の使い方。 #遺言
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/08/29/2719/

           

いじめ編

いじめに立ち向かう。やられたらやり返せ。
でないとどんどんエスカレートする。 #いじめ
↓ ↓ ↓
http://kkeeii.link/douga/2019/08/25/izinenitatimukau/

           

「イジメの時間」レビュー。いじめに立ち向かう。
戦略としての引きこもりで脳に成功回路を作る。
「道連れにする」という目標で覚悟を手に入れる。 #感想
↓ ↓ ↓
http://uuooy.xyz/kaku/2019/08/25/izimenozikan-2/

           

「いじめられたらチャンス」コピペ記事。路上ライブ乞食をやれ!
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/07/31/izimetyansu/

           

無分別を考えるとそれを楽しむことが出来る。
思い込みに気づくことは身体を慣らすことに繋がっています。
心を解き放つのはこう考えるだけで可能です。 #無分別
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/08/31/mubunbetu-2/

           

漫画編

「ヒメゴト~十九歳の制服~」レビュー。思春期症候群のような生と性の症状。
社会学的にも、娯楽としての漫画としても素晴らしい作品です。 #症状
↓ ↓ ↓
http://uuooy.xyz/kaku/2019/08/29/himegoto-2/

           

お金編

お金持ちになる方法をタダで知りたい人はどうぞ御覧ください。
外に出て働けない人。副収入が欲しい人。どうぞ利用してください。 #収入
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/28/okanamotininaruhouhou/

           

引きこもりだけど短時間の仕事から慣らしていきたい。
引きこもりニートの社会復帰。 #引きこもり
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/25/hikikomori/

           

気楽に働くとは日雇いの派遣のこと。 #派遣
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/04/02/haken/

           

稼ぐ方法は路上にある。#路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/01/rozyouraibu/

           

路上ライブは人類を救う仕事です。 #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/04/rozyouraibu-2/

           

現在進行形の路上ライブ実践記。その1. #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/07/zissenki/

           

現在進行形の路上ライブ実践記。その2. #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/10/03/zissenki-2/

           

インターネットを使って金銭を恵んでもらって生活させてください。
クラウドファンデイングアフィリエイト(乞食アフィリ)の手順。 #ネット乞食
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/01/kouken/

           

クラウドファンデイングアフィリエイトページ
本日ぜひあなたに商品を購入して 支援していただきたい人(実は自分です)。
「ひざが痛くて働けない。61歳」です。  #クラウドファンデイングアフィリエイト
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/03/pe-zi-2/

           

きっと誰かの役に立つメルマガとレポート。
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/29/merumagarepo-to/

           

情報商材のランディングページ見てしまうと
「やらないで後悔したくない」と手を出しては
うまくいかないを繰り返してました。 #懺悔
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/01/zange/

           

インスタグラムで見るいろんな現場のいろんな仕事。
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2018/08/20/genba/


           

あなただから思いつける、世界を救うアイデア募集
↓ ↓ ↓
https://nipponfoundation-billion.jp/

           

以上
せっかく想いを込めて準備した食事を無駄にしたくないというお店の想いを「食べ手」が発見し、 その食事をレスキューすることができます。 #食品ロス
でした。

           


           

           

もっと下にコメントするところがあります。

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

コメントを残す

*